家族葬だと香典、弔慰金が発生しないデメリットも

お葬式を家族葬にすることで、いろいろなデメリットも生じることは覚悟しておきましょう。一般的な葬儀では当たり前だったことが逆にデメリットとなってしまう事もあるのです。香典や弔慰金の減少もデメリットの一つでしょう。


<家族葬では参列者がごく限られている>

家族葬ですと、家族や親類など、なるべく故人に近しい人しか参列できないという事なっています。そうなりますと、参列者に伴って入ってくる弔慰金や香典がかなり少なくなってしまう事も想定できるでしょう。一般的な葬式ではそういった香典や弔慰金を葬儀費用に充てることができましたがそうもいかなくなるのです。結果的に見てあまり一般的な葬儀と掛った費用は変わらなかったという事態も起こりかねないのです。


<デメリットは他にも>

デメリットは他にもあります。例えば故人の訃報の報告が遅れてしまった事によってお世話になった人との不義理が生じてしまうという事態です。これは、予め報告をしていればトラブルを避けられるかもしれません。しかし、葬式を限定的にする家族葬ではこういったトラブルが起こりかねなくなります。このように、デメリットとしては香典や弔慰金の減少、お世話になった人とのトラブルが起こりえます。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

家族葬の費用

葬式の費用は100万〜200万、もちろん設備や司会など大きい葬式になりますと1000万とか本当にたくさんの費用がかかります。

また死後の名前として戒名などをつける場合はお坊さんの好意にもよりますがお金が必要だったりすることもありますのでさらに金額が高くなったりするう場合もあります。しかし、形式によって小規模にできて費用も抑えることができます。家族葬などがその代表例とも言えるでしょう。


<家族葬の費用ってどれぐらいかかるのか?>

業者や家族葬の規模などにもよりますが、大体の平均は35万ぐらいと思っていいでしょう。そこから多少費用の追加があったり、または思ったより安くなったりするかもしれませんが平均はこれぐらいです。
本来だと3桁ぐらいかかる葬式でも少人数や規模が小さいものであれば安く抑えることができます。


<家族葬でもプランによって変わる>

だいたいの平均は35万ぐらいですが、プランによって高くなることもありますし、また業者によってはさらに安いところもあります。また葬儀自体しない、焼き場だけの場合はさらに安くこともあります。


<費用は安いですが>

費用は安く、今では主流の形式となっていますが通夜まで故人と気軽に出会うことができない。別途、様々な料金がかかったりする、その他色々な不便なこともありますので、よく調べてから利用するといいでしょう。

宗派によって多少変わることもありますのでじっくりと考えるといいでしょう。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

家族葬は特別な時間を

家族葬を選ぶ人が増えてきていますが、どのような人達が選んでいるのでしょうか?
故人の希望で選んだという声も多いですが、身内だけで落ち着いて葬儀をしたいという声も多いのだそうです。
参列者を招いて葬儀を行うと費用も掛かってしまいますし、心が休まる時間もありませんから選ばれているのかも。
最後のお見送りは家族にしてもらいたい、家族でしたいと考えている人が多いというのは納得できますね。


家族葬は温かみのあるもの

葬儀そのものは悲しいものかもしれませんが、家族葬はなんだか温かみのある感じがしませんか?
身内で行ないますから、誰もが故人について知っていますし周囲も知っている人だらけです。
こんな人だったよね、とかこれが好きだった、こんなことがあったよね、などと思い出を振り返ることも出来ます。
ですから、悲しいだけではなくてすごく大切な時間を過ごすことが出来ると思いますよ。


棺には何を入れる?

家族葬の時、棺に何を入れるのか揉めてしまわないように、葬儀の前に決めておくのが良いでしょう。
故人の好きだったものを入れてあげるのもいいですし、贈りたいものを入れてあげるのも良いです。
ただ、燃えないものや焼き残ってしまうものは入れないようにしましょう。
事前に葬儀社の人に確認をしておくのもいいですし、ネットなどで調べてみるのもお勧めです。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

自宅で行う家族葬について

最近は、自宅が狭かったり、準備が大変だったりして専門の葬祭センターで行うケースが多いです。しかし最後は自宅から送り出したいとの思いで、自宅で家族葬を行われる方もいます。専門の業者にお願いすると便利です。


自宅で葬儀を行うメリットとデメリット

最近減ってきている自宅での家族葬ですが、メリットやデメリットはあります。やはり一番のメリットは、最後に住み慣れた自宅に帰してあげられることです。後は思い出のこもったご自宅で、身内や近所の方が安堵な気持ちで会葬出来ます。又、費用面でも有利です。それに対して葬儀の場所確保や参列者の為の準備、家の中の片づけなど、デメリットもあります。故人のためとはいえ無理することなく,もし出来るのであれば自宅が望まれます。


自宅で無理せず葬儀を行う方法

故人を送り出すのであれば、できれば自宅からと希望される方も多いでしょう。身内だけの家族葬ならなおさらです。しかし準備などが大変でなかなか思い切れません。そんな時にこそ専門の葬儀業者にお願いすれば、負担をかなり軽減出来ます。お部屋の間取りに合わせた会葬の配置や必要な品物を一式揃えてくれます。その他にも外の飾りつけや祭壇の準備等ほとんどの事を行ってくれます。費用は発生しますが、自宅であれば故人もきっと喜ぶと思います。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

家族葬のメリットについて知りたい

家族葬を経験されたことのある方もいれば、まだ一度もされた事の無い方もいらっしゃるかと思います。
メリットはご家族や身内だけで行ないますので落ち着いて静かな中葬儀を行うことが出来ます。
他にも費用が通常の葬儀に比べて安かったりしますのでそういった面で家族葬を選ばれている方もいるのだそうです。
ご家族などで行ないますので故人に対する気持ちを共有することもできて良いのではないかと思います。


家族葬のデメリットは何だろう?

家族葬にはメリットがいくつかありますがデメリットもありますので、両方頭の中に入れておいていただければと思います。
デメリットとしては後日ご自宅に弔問者がやってくるので家を留守に出来ない事でしょうか。
また、近親者はどこまで呼んだら良いのかについてや家族葬に対する理解を求めることも大変かもしれませんね。
どうして教えてくれなかったのかと不満を言われる方もいらっしゃるみたいですので、そういったことも全てご家族で事前に話し合われていた方が良いかと思います。


忌み言葉には気を付けよう

きちんと家族葬にもマナーがありますので覚えておくようにしましょう。
ちゃんと礼服を着て、忌み言葉などを使わないようにしましょうね、現在では忌み言葉について掲載しているサイトもありますのでそちらを参考にされるのが良いかと思います。
他にも色々なマナーがありますので、頭に入れておかれるのが良いかと思いますよ。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

家族葬のマナーについて知りたい

通常の葬儀でもマナーがありますが家族葬にもマナーがありますので、しっかり守るようにしましょう。
どちらも同じことなのですがまずは服装からです、きちんとした礼服を身にまとって女性でしたらお化粧を控えめに結婚指輪以外の装飾品は避けた方が良いと言われています。
ちなみに、夏でも女性はストッキング着用ですので覚えておいて下さいね。
男性の場合も同じで礼服、ネクタイの色は地味な色が良いとされています。
ですので、目立った格好をしないように気を付けて下さればと思います。


家族葬じゃなくても忌み言葉には気を付けよう

これは家族葬に限ったことではなく本来のお葬式の際にも重要になってくるのですが、忌み言葉を使わないように気を付けるようにして下さい。
かえすがえすやたびたびといった言葉も忌み言葉ですので、前もって忌み言葉について調べておくことをお勧めします。
今では詳しく掲載して下さっているサイトもありますので、ぜひそちらを参考にして頭に入れておくようにしていただければと思います。


お花を送りたい時は?

中にはお花を送りたいという方もいらっしゃるかと思います。
そういった時は、お相手の方へお花を送りたいことを伝えて葬儀社を教えていただく必要があります。
この時、喪主の方のお名前を聞くことを忘れずに。
お相手の方に会場名だけを伺ってその会場に問い合わせをして葬儀社の連絡先を聞くのも良いかと思います。
ご自分でお花を決めてしまいますと浮いてしまう事がありますので、葬儀社や会場の方にどのようなお花が飾られるのかについて教えていただくことも大切だと思います。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

家族葬体験談

家族葬の体験談を募集されているので参考になればと投稿させていただきます。何度か葬式には参列したことがありましたが、家族葬に呼ばれたのは初めてだったので、結構鮮烈に記憶に残っています。


呼ばれた側から見た家族葬

家族葬に呼ばれてビックリしたことは、やはりその圧倒的な身内感でした。ご遺族・ご親戚以外での参列者は私を含めて5人だけでしたので、全部で20人にも満たないくらいの、ちょっと表現が悪いかもしれませんが、こじんまりとした印象でした。
正直、最初は、部外者がいても良いのかな?と心配になるくらいの空気でした。
しかし、その場に慣れて来ると、疎外感も薄れ、普通のお葬式よりも「参列しなきゃいけないから参列している」というような義務感がなく、本当に故人を弔うために行っているのだなという雰囲気がありました。


迷ったところ

ただ、本当に困ったのは、「家族葬なので香典等は辞退させていただきます」という一文がお知らせの時に書かれていて、持っていくべきなのかどうかの判断が本当につかなかったという点ですね。
結局一応持っていって、ご遺族の方から「こちらも香典返しなどはご用意してないので、お気遣いなく」と言っていただけてやっと引っ込みがつきましたが、今でも「本当に渡さなくて良かったのかな」という不安みたいなものは残っています。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

個性的な家族葬

家族葬なら出来ることというお題に投稿します。ここまで個性が出せるものかと驚いた我が家の体験談です。


家族葬で、父の趣味100%

我が家の場合は、父の葬儀を家族葬で行ないました。家族葬といっても参列者の中には、父の子供の頃からの友人などもいましたが、ほぼ身内ばかりという状態でした。
そして、父は自他ともに認めるバイク馬鹿で、祭壇に飾っている写真も、リーゼントヘアーに、ライダースジャケットを着ているもの。父の友人たちも全員父の写真と同じようないでたちで、バイクに乗って登場。バイクのエンジン音が響き渡るというのもなかなかお葬式では有り得ないことかと思いました。


生涯、バイク馬鹿のモットーを貫かせてあげたかった

子供が怪我しても笑っているのに、バイクにキズがつくと血相を変えるというような人で、昔は「いい歳して、いつまでバイクいじりなんかしてるんだ」と毒づいたこともありましたが、自分が親になって子供を持ってみると、あんなにも堂々と好きなものを好きだと、子供に自慢できるものが自分にはないことを恥ずかしくも思いました。
亡くなる前日まで、看護師さんに「バイクに乗りたい。乗れば病気なんざ治るんだ」と駄々をこねていたほど、何かを愛し続けた父を尊敬するようになりました。
だからこそ、父が一番喜ぶ葬儀にしてやりたいと思い、家族葬という形を選びました。最初はやや反対していた母も、最終的には「あの人らしいわね」と笑ってくれたので良かったのだと思います。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

家族葬だから出来たこと

家族葬だから出来たことというテーマで体験談を募集されていたので、ウチの母の話を投稿いたします。かなり特例だとは思うので、参考になるかどうか分かりませんが、「これくらい出来る」ということの指標にはなればと思います。


家族葬だから出来たオリジナル葬儀

ウチの母は、とにかく根っからの宝塚ファンでした。「知らないの?最近ではヅカヲタっていうのよ」と自慢げに言われた時には度胆を抜かれたことを、今でも新鮮なまま思い出します。
しかし、50歳にしてガンにかかり、2年弱の闘病の末に亡くなりました。
「死ぬ準備が出来るだけマシだわ」と気丈に笑って、葬式でやってほしいことリストなるものを作っていた時には、「心配かけまいと明るく振舞っているのか。強い人だな。私もこんな母親になれるだろうか」などと感動していたのですが、もちろんそれもあったとは思いますが、何とその「葬式でやってほしいことリスト」は全部本気だったのです。


お友達にお願いしてまで実行してほしかったらしい

母のリストに繰り返し出てきた言葉は、「とにかく明るく見送ってほしい」という言葉でした。「坊さんたちに怒られても構わないくらいの勢いでやってほしい」とまで書いてあり、ここまで熱望されたのなら実現してあげようと家族葬を予約した後で、母の宝塚ファン仲間から連絡があり、「このリストに書いてあることを実行しに行く」と宣言されました。
そして、皆さん、貸衣装屋さんで借りてきた宝塚風のド派手なドレスと、手にキラキラした小物(シャンシャンというそうです)を持って参列。
最後には全員で、宝塚で1番有名な歌を歌って出棺。通りがかりの人が、「これは何なんだ?」という目で見ていましたが、これ以上ない母の葬式になったと思います。家族葬でなければここまで好き勝手出来なかったと思います。

Posted in 家族葬 | Leave a comment

家族葬はどのような方が行うのか

今では家族葬というものが身近になってきましたが、皆さんはご存知でしょうか?
こちらはご家族や身内だけで執り行う葬儀の事で、費用も比較的おさえられますので参列者が少ない方やこじんまりと行いたい方にはオススメだと思います。
他にも故人のご希望で行なうといったご家庭もあるみたいです。
最近では少しずつ身近になってきているみたいですので、少し調べてみるのもよろしいかと思います。


家族葬を行なう前に色々調べてみよう

ここで大事なのが家族葬を行う際に前もって色々調べてみて比較をしてみることだと思います。
その葬儀社によって魅力とか費用などが変わってきますので、よく比べてどのような葬儀を行いたいのか目的に合った場所を選ばれるのが良いかと思います。
分からないことがあった時にはお問い合わせをして直接尋ねてみたり、資料請求をして詳しく調べてみることをお勧めします。


お悩みの方にはこちら

現在では葬儀社を紹介して下さっているサイトがありますので、どこを選んだら良いのかお悩みの方がいましたらぜひ一度覗いてみてはどうでしょうか?
そのサイトにもよりますが無料で紹介して下さるところもありますので、参考にしていただければと思います。
家族葬は特別なものですので、やっぱりしっかりした葬儀社の方にお任せしたいですよね。
安心して頼めるところを探してみましょう。

Posted in 家族葬 | Leave a comment